新郎さまと一緒に招待状のセッティング

活版&箔押し招待状完成
金沢のK様からのご依頼。通常は完成品をお送りして納品するのですが、今回はそうもいかないケースでした。
招待状、返信ハガキ、付箋をオリジナルの箱にセットしてリボンで結びます。
その箱をクラフト封筒にいれて麻ひもで結んでシーリングワックスを施して完成…という作業を
新郎新婦のおふたりだけでは不可能と判断して、ハレトケがお手伝いさせていただきました。

新郎自ら招待状のセッティング
まずはどんどん招待状と切手を貼った返信ハガキを入れていきます。
付箋はリストを見ながら…間違えないように。

招待状セッティング中
箱のフタの裏にもメッセージを印刷しています。

パラフィン紙をシールで留めます
すべてを入れ終えたらパラフィン紙をシールで留めます。
シールももちろんオリジナル。

リボンも自分で
フタをしてからリボンで結びます。これが難易度が高くて悪戦苦闘。
終わり間際にはかなり上達しています。

箱のセッティングできあがり
これで箱の完成です。
封筒からこんな招待状が出てきたら驚きますよね。

新郎新婦でシーリングワックス
箱をすべて封筒に入れたあと
シーリングワックスを新郎新婦で共同作業。
ちなみに新婦さまはドバイから空港について、その足でハレトケ入りされました。

麻ひもでしばってできあがり
これで完成です。まるまる1日かかりました。
「みんな驚くだろうなあ」という新郎新婦のニコニコ顔が印象的でした。
ゲストへのおもてなし、という基本をあらためて考えさせられました。
ハレトケにとっても勉強になりました。









コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

ハレトケ

Author:ハレトケ
イラストレーター(妻・弓削ナオミ)とデザイナー(夫・ユゲミツル)の仲良し夫婦ユニット「ハレトケ」。大阪でブライダルに関係するペーパーアイテムをオリジナルで制作しています。一生に一度の結婚式、ペーパーアイテムにこだわりたいおふたりのためにオーダーメイドでおこたえします。もともと結婚式が好きな夫婦なので見知らぬ方の結婚式でも泣けます(笑)!フットワークが自慢なので時間がなくてもなんとかしてみせます!お問い合わせはお気軽にどうぞ!

検索フォーム
リンク